インターネットに接続するには、「回線」と「接続サービス」が必要です。

「回線」を提供する回線事業者の代表がNTTで、回線の種類によって「フレッツADSL」「フレッツ光」「Bフレッツ」などのサービスがあります。これらの名前はよく目にする機会が多いのではないでしょうか。

この回線業者(NTT)がインターネット専用の回線を用意します。そして、「接続サービス」を提供するプロバイダと契約することでインターネットに接続できます。

高速データ通信で代表的なフレッツ光の回線を使ってインターネットをする場合の手順は次のとおり。

【フレッツ光でインターネットに接続する手順】
1. フレッツ光代理店(NTT代理店)またはNTT、家電量販店などでフレッツ光の申込みを行う
2. プロバイダ契約をする
3. 配線工事をする
4. 開通

【用意するもの】
1. パソコン
2. 回線終端装置(ONU)⇒フレッツ光を契約するとNTTが貸してくれる
3. LANケーブル⇒ONUとパソコンとの接続用。必要に応じて
  (Wi-Fiなどを使って無線でパソコンに接続する場合不要)

NTT代理店のキャンペーンなどで、フレッツ光を申込むとパソコンがもらえたりするので、やり方によってはお金をかけずにネットを始めることができるんです。
補足として、プロバイダ料金を払う場合、クレジットカードを使うところがほとんどなので、クレジットカードも必要ですね。

【パソコンがもらえたり、格安で販売しているNTT代理店】


トータル通信


NEXT


シナジーパートナーズ


プライオリティ


ジェネラス


エイコーテクノ


これ以外でもいろいろあるので、興味のある方は検索してみてください。